総量規制とは個人に過度の貸付を行わせない為の規制

貸金業者に適用される貸金業法には総量規制と呼ばれる規制があるため、一定の金額以上を借りることはできません。
総量規制とは、簡単に言えば借り過ぎを防止するための規制です。
無制限にお金を借りることができると、借り過ぎで借金を返済できない個人が増えてしまいます。
そうした人を守るために、貸金業者が個人に過度の貸し付けをしないように、法律で規制しているわけです。

規制される具体的な金額は、年収の3分の1です。
すでに年収の3分の1まで借入をしている個人は、総量規制の影響を受けるためお金を借りるとができません。
なので、年収が全くない専業主婦などは、貸金業者からお金を借りることはできません。

しかし、総量規制の影響を受けるのは、あくまでも貸金業者です。
たとえば、カードローンを提供している銀行は、貸金業者ではありません。
ですから、銀行には貸金業法が適用されないので、年収の3分の1までしか借りられない総量規制の影響を受けません。
専業主婦がお金を借りたいときは、総量規制の適用を受けない銀行のカードローンを申し込みましょう。

無制限にお金を借りることができると、キャッシングやカードローンに頼りすぎてしまい、健全な生活を送ることができません。
また、個人に無制限に貸付できるような状態だと、意図的に過度の貸付をする悪徳な貸金業者も増えてしまいます。
貸金業法の総量規制とは、一般の個人を守るためにある規制と言えるでしょう。
参考