カードローンを比較する際のポイントとは?

カードローンを比較する際のポイントとは?

カードローンは大きくわけて3つの種類があります。

1つ目は信託銀行、地方銀行、ネット銀行などの銀行と、信用金庫などの共同組織金融機関が発行している銀行カードローンおすすめです。

2つ目は信販会社やクレジット会社が発行している信販系カードローンです。

3つ目は消費者金融会社が発行している銀行系カードローンです。

銀行カードローンを比較する際のポイント

銀行のカードローンは、20歳以上で定期的な収入がある人ならだれでも申し込むことができます。一番審査が厳しいため、金利が低めに設定されています。ですから、金利に注目して比較することができるでしょう。たとえば、みずほ銀行のカードローンでは、実質年利3.0~7.0という低金利で知られています。

大手信販系のカードローンを比較する際のポイント

信販系のカードローンも20歳以上で定期的な収入がある方ならだれでも申し込みをすることができます。信販会社は消費者金融や銀行と異なり、店頭窓口で申込みができないため、インターネット、電話、郵送での申込となります。信販会社は総量規制の対象となっているので融資ができる限度はありますが、銀行に負けない金利を設定しているところもあるので、金利に注目して比較することができるでしょう。

消費者金融のカードローンを比較する際のポイント

店頭窓口、無人契約機、郵送、インターネットとさまざまな方法で申し込みをすることができます。即日融資ができるか、無利息サービスはあるか、どのようにキャッシングできるかなどを比較し、自分に合ったものを探すことができるでしょう。

消費者金融でお金を借りることは誰でもできる?

消費者金融でお金を借りるためにはいくつかの条件を満たす必要があります。まず、申込時の年齢が20歳以上であるということです。未成年の場合でも成人であるとみなされる場合もしくは保護者の同意がある場合などではお金を借りることが出来る場合もありますが、未成年に対して融資を行っているところはそれほど多くはありません。
また、上限年齢については、消費者金融各社で異なりますので、申込をする際には確認をするようにしましょ。そして、もう一つの条件が安定した収入があるということです。正社員や派遣社員として働いている場合だけではなく、アルバイトやパートとして働いている場合でも安定した収入があると認められた場合には、お金を借りることが出来ます。年金受給者に関しては、上限年齢と同様に消費者金融によって対応が異なります。
つまり、消費者金融でお金を借りるためには、安定した収入が必要であるということになります。申込者本人に収入がないという場合には、お金を借りることは出来ません。また、消費者金融は総量規制の対象となっていますので、既に他社から年収の3分の1程度の金額を借りているという場合には、新たに消費者金融からお金を借りることは出来ません。その他にも、信用情報機関に自己破産や任意整理などの債務整理を行ったという記録が残っている場合も、審査の段階で落とされてしまうことが多いため、お金を借りることは難しいと言わざるを得ません。
参考

「アスタリフト」の由来・ロゴ・マークの意味

精密化学メーカー富士フイルムのグループ企業のひとつであるスキンケア化粧品ブランドの「アスタリフト」ですが、その由来は配合成分「アスタキサンチン」から来ていると言われています。「アスタキサンチン」はビタミンCのおよそ6000倍ともいわれる抗酸化力を持っている美容成分のことで、美容やアンチ エイジング・疲労対策に役立つとされています。アスタリフトではこの「アスタキサンチン」を配合している商品を中心として製造販売しているので、由来として使ったようです。
ほかにも美しく年齢を重ねて生きたいと考えている多くの女性の「明日は今日より美しく」を応援するという意味を込めていて、アスタ=明日の美しさを願っている・リフト=美の向上を応援すると言う意味も込められていると言われています。
ではアスタリフトのロゴ・マークの意味は何かと言うと特に明記されているわけではないので由来や意味に関しては不明となっていますが、アスタリフトのロゴ・マークはどことなく女性のハイヒールをイメージしているデザインとなっていることから女性専用のブランドであると言う事を意味しているほかにもそれぞれヒールの先が外を向いていることから「明日の美しさへ向かっている」と言うイメージを持つことができるようになっています。詳細は不明ではありますが、ロゴ・マークもブランド名の由来と同じく女性の美しさを応援すると言う内容になっているという可能性は高くなっているようです。

総量規制とは個人に過度の貸付を行わせない為の規制

貸金業者に適用される貸金業法には総量規制と呼ばれる規制があるため、一定の金額以上を借りることはできません。
総量規制とは、簡単に言えば借り過ぎを防止するための規制です。
無制限にお金を借りることができると、借り過ぎで借金を返済できない個人が増えてしまいます。
そうした人を守るために、貸金業者が個人に過度の貸し付けをしないように、法律で規制しているわけです。

規制される具体的な金額は、年収の3分の1です。
すでに年収の3分の1まで借入をしている個人は、総量規制の影響を受けるためお金を借りるとができません。
なので、年収が全くない専業主婦などは、貸金業者からお金を借りることはできません。

しかし、総量規制の影響を受けるのは、あくまでも貸金業者です。
たとえば、カードローンを提供している銀行は、貸金業者ではありません。
ですから、銀行には貸金業法が適用されないので、年収の3分の1までしか借りられない総量規制の影響を受けません。
専業主婦がお金を借りたいときは、総量規制の適用を受けない銀行のカードローンを申し込みましょう。

無制限にお金を借りることができると、キャッシングやカードローンに頼りすぎてしまい、健全な生活を送ることができません。
また、個人に無制限に貸付できるような状態だと、意図的に過度の貸付をする悪徳な貸金業者も増えてしまいます。
貸金業法の総量規制とは、一般の個人を守るためにある規制と言えるでしょう。
参考

チャップアップに含まれているエタノールは大丈夫なの?

男性の中には、30歳の前後位から、頭髪が目に見えて薄くなるという薄毛の症状を発症する人が増加するものです。しかも薄毛の症状は、自然に治癒される期待は持てない上に、放置していると徐々に症状が悪化するケースが多かったりします。なので出来るだけ早い段階でチャップアップを使用して、薄毛の進行防止と改善を行うべきです。
もっとも育毛剤には、エタノール等のアルコールが含まれている事が少なくありません。チャップアップも例外ではなく、エタノールが含まれているのです。お陰で頭皮に余計な刺激を与え、薄毛の症状を悪化させるのではないか、と不安を抱く人もいたりします。ですがチャップアップに含まれるエタノールの量はかなり微量であり、頭皮にダメージを負わせる事はないです。それなのにどうしてエタノールをわざわざ含んでいるかと言うと、血管を広げて頭皮の血流を促進させるという、育毛剤として重要な役割を担っているためです。
更にチャップアップは、植物エキス等の天然成分を主な原料としています。お陰で力強い髪の毛を生み出せる頭皮環境に改善する事が出来る上に、低刺激であるため、男性だけでなく刺激に弱い女性でも、無理なく使用する事が出来ます。そういった安全性の面が非常に高い点も、チャップアップの魅力であると言えるのです。
この様にチャップアップは、エタノールを含んでいるものの、非常に低刺激な育毛剤となっています。お陰で安心して、継続使用して、育毛効果を得る事が期待可能です。